スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ポタイメソン企画

2014/07/15 Tue 23:43



ハリポタイメソン企画でシリウス・ブラックを描かせていただきました!
私のものは22分ごろにはじまります。他にも素敵な絵や文章が沢山ありますので、是非ご覧くださいませ!^^

今回この企画に参加するにあたって、かなりシリウス・ブラックという人物について考えました。
イメージソングの歌詞の解釈や人物像についてワードに書き留めたところ、A42枚分になりました…(笑)

今回の企画を通して、彼がどんなことを思い、どう思われていたかについて少しわかったような気がします。


さて、企画も無事投稿できました。USJは行けそうにありません。
夏コミの原稿をするしかなさそうですね…!まだ原稿用紙が真っ白です!!
スポンサーサイト
お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)

夏コミ受かってました

2014/06/08 Sun 23:22

C86cut.png

夏コミ受かってました!
前回の冬コミ落選していたのでドキドキでしたが一安心です。

2日目東ぺ57aです、よろしくお願いいたします!

ハリポタスペースにお邪魔しております。
新刊は、ブラック家兄弟のはなしを描ければいいな…と思っています。

落としてしまったらハリポタサークルなのに机上になにもないという惨事になるので頑張ります…!
ところでこのサークルカット、印刷したときに全部黒くつぶれてしまいそうで怖いです…><
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

*・゜゚・*:.。..。.:*

2014/05/25 Sun 21:17

petercurry.jpg

試験勉強ですごく忙しかったり、プレッシャーで腸過敏性症候群なるものになったりしてました。
お久しぶりです。

試験は無事に終わりまして、たぶん合格なんじゃないかと思います!
これでもうお腹痛くない!はず!


そんな訳で全くと言っていいほどお絵描きができていなかったので、少し早いですが
夏コミに向けて始動しはじめようと思います。
ピーター漫画を完成させて経験値をアップさせてから始めたかったのですが、
どうやらそんな時間はなさそうです…。

まだ受かっているかもわかりませんが、もし出ることになるならシリウスとレギュラスのお話を
描きたいな~と思っています。

原作を先日やっと読み終えまして、自分の思うところを表現できたらと思います。

閲覧・拍手・拍手コメありがとうございます!
以下反転で拍手返信です。

Jukaさま>

お久しぶりです!お元気ですか?
社会人1年生になって2か月が過ぎようとしていますが、
かなり学生時代と違うところもあり正直戸惑ってもいます。
ですが、大人だからこそわかる「楽しみ」もあると思うので、
少しずつ慣れて人生を楽しんでいきたいです^^

コメントありがとうございました!頑張ります!
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
オープン漫画
※クリックで拡大

ポタエリアのオープン日が決定しましたね!
おめでとうございます…今から並びたいくらいには楽しみです。

ポタ展やってたときはポタにはまっておらず、
混雑が容易に想像できる森アーツには行かなかったことを大変後悔してまして。
ユニバではその雪辱を果たそうと思います・・・

とりあえず諭吉先生を集めます。仕事します。


春からバタバタと忙しくしていましたが、少し仕事に慣れてきたので
またピーター漫画の続きを少しずつ描けそうです。
ちまちま頑張ります!


あと、もう少ししたら嬉しいお知らせができそうです。

拍手、コメントありがとうございます。
コメ返は次回させていただきます…!
落書き | コメント(0) | トラックバック(0)

「小さい大人」

2014/03/31 Mon 21:25

potter.jpg
※クリックで拡大

3月も今日でおしまいですね。
たくさんたくさん遊んで楽しかったです、3月。

私事ですが、明日から社会人1年生になります。
とても不思議な気分です。イメージしてた社会人とは違って、私は私のままで「大人」にはなれていない。
自然と「大人」になっていけるのかと思っていましたが、そうではないのですね。
自分からなろうとしなくては、「大人」にはなれない。

中世のイギリスでは、子どもは「小さい大人」として考えられていたようです。
そのため、子どもを対象とした教育が未発達でした。その後だんだんと「子ども時代」を認識されるようになり、
教育が整備され、それまで大人用の本を与えられていただけだったのが、子どもを対象にした教育を受けられる
ようになったそうです。

さて、親世代の子どもたちは、その発達した教育を受けていたに違いありませんけど、
だんだんとヴォルデモート卿が力を増して暗い時代になりつつある中で「小さい大人」にならざるを
得ない場面が少なからずあったのかもしれないですね。

大人でなければできないこと。例えば愛する人たちを守ること。
自分から「小さい大人」になろうとうんと背伸びしてたのかもしれません。


私も、そうなれるかしら?

拍手ありがとうございます。以下反転で拍手コメ返信です。

ひつじさん>

お久しぶりです!
実はひつじさんの小説を読んでから気になりはじめ、すっかりハリポタの魅力に取りつかれてしまいました(笑)
漫画を読んでくださってありがとうございます!
そうなんですよね、ピーターは本当に普通の子どもなのだと思います・・・。
どんな悪戯なのかはまだ秘密ですが(笑)、ピーターにしかない感性を表現できたらと思います。
UPまでに時間がかかりそうですが、UPしたらまた是非お暇つぶしにでも読んであげてください^^

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。